トップページ > 看護部スタッフのご紹介

病棟スタッフの声


 看護師長 河上 明子 

近年、医療技術の進歩とともに患者さんの期待も大きく、当院でも地域の方々に必要とされ、安心した療養生活が送れるよう多職種によるチーム医療を実践しています。

 看護部は患者さんやご家族さまに一番間近な存在であります。看護の専門性を発揮しつつ、礼儀正しい態度と丁寧なことばづかい、患者さんを尊重し安心できる看護の提供に努めています。またスタッフ間でも思いやりを持って互いに協力し、職員のライフスタイルに応じた環境調整を行っており、多岐にわたる看護師が活躍しています。

 急性期、回復期、慢性期、在宅に至るまでそれぞれのステージにおいて患者さんが必要としている視点を見いだし、退院後も支援し続ける病院づくりを目指しています。


 看護主任 上松 晴美 

現在、私は医療療養型病棟に配属されて3年が経過しています。医療療養型病棟は高齢者が多く、いろいろな病気を抱え、在宅生活が困難な患者さまが入院生活を送られています。

 終末期の方や、意識障害があり体動困難な方、点滴・吸引が必要で在宅生活が難しい方とさまざまな患者さまが入院されている中で、私たちは患者さまが安心でき、安全に日常生活を送って頂けるよう、看護師・介護士はもちろんのこと、コメディカルも含め、日々協力し、援助を提供できるように努めています。

 患者さまがその人らしく生活できるよう、看護・介護に携わっていくと共に、病院で働く看護師や介護士が笑顔でいきいきと働き続けられるような職場づくりを日々目指しています。

 子育て中の看護師やブランクが長く不安を抱えている看護師も頑張って働いています。介護士は介護福祉士を目指し、勉強と仕事を両立しながら毎日頑張っています。

 看護師・介護士には病棟リーダーを配置し、新人スタッフ・ブランクのあるスタッフが安心して働けるよう精一杯サポートしています。


ページトップへ戻る
Copyright(C) Moritakai Group All Rights Reserved.