トップページ > 看護部案内

看護部のご案内

看護部長からのご挨拶

山口看護部長写真

いぶきの病院は、急性期治療を終え、自宅復帰、社会復帰を目的とした患者さまの回復リハビリテーション病棟と、引き続き医療的なケアや病院での療養が必要な患者さまを対象とした医療型療養病棟があります。

 回復期リハビリテーション病棟では、残存機能を最大限に発揮し在宅、社会復帰できるよう個々の患者さまにあったリハビリテーション・看護・介護を提供しています。

 医療型療養病棟では高齢者が多く、慢性期から終末期まで様々な方が入院されており、私たちは患者さまやご家族の方々が安心して療養生活が送れるよう、寄り添う看護を心がけています。

看護部長  山口 夏恵
ページトップへ戻る

看護部の特色

スタッフの年齢層は幅広く、フレッシュな若者から子育て中のお母さんや人生経験豊富な方まで様々です。また、仕事の経験も浅くブランクのある方から経験を積んでこられた方までいますが、スッタフ間の人間関係も良く、仕事の悩みから子育てや家庭の悩みも相談できるアットホームな職場です。

 日常業務が円滑に進むようスタッフ間で話し合い、協力し、時間外勤務も少なく働きやすい職場です。勤務体制も仕事と家庭のバランスが上手くとれるよう努力しています。

 院内研修は、お昼の時間を利用し、同一内容の研修を複数回開催し、全員が参加できるようにしています。院外研修については、今後希望者に対して積極的に参加できるようなシステムを検討しています。

 今後も思いやりのある医療人の育成に努めていきたいと考えています。
 

看護部の理念

病院理念に基づき、笑顔で温かい思いやりのある看護実践に努めます


看護部の基本方針

  • 安心、安全、ぬくもりのある看護の提供に努めます
  • 患者さまの立場に立った思いやりのある看護を提供します
  • 患者さま、家族の方々とのコミュニケーションを密にし、患者さまの人権を大切にした寄り添う看護をめざします
  • 地域の医療機関、福祉施設、在宅にかかわる方々との連携を図り、患者さまを共に支える看護を提供します
  • 患者さまの自立を支援します

ナースステーション  勉強会  病棟スタッフ
ページトップへ戻る
Copyright(C) Moritakai Group All Rights Reserved.