医療法人 守田会

本文へジャンプ

医療法人 守田会の概要

医療法人守田会は、長年にわたり地域に根ざした医療に取り組みながら、実績と信頼を築いてきました。

時代の流れの中で、地域医療の果たす役割も日々変化しています。このたび開設されました「いぶきの病院」は、新しい時代を見据えて誕生しました。

生活習慣病など時代のニーズに応えた確かな医療サービスで地域社会の発展に貢献します。


 医療法人 守田会の基本方針

1. 安全、安心、高度な医療をめざします
2. 患者さまの人権を大切にした医療をめざします
3. 他の医療機関、福祉施設と共に良い医療を支える病院をめざします


 医療法人 守田会のあゆみ

1966年 (昭和41年5月) 大阪市住吉区遠里小野町に守田医院(眼科・耳鼻咽喉科)を開院。内科・放射線科・皮膚科を増設
1976年 (昭和51年8月) 守田医院を80床のオりオノ病院へ発展、改称。老人医療の分野で地域医療に貢献
1977年 (昭和52年1月) 医療法人守田会を設立。オりオノ病院は、「医療法人守田会 オりオノ病院」へ
1980年 (昭和55年9月) 和泉市伏屋町に、オりオノ和泉病院を開院(330床)
1984年 (昭和59年3月) オりオノ病院を130床に増床
1987年 (昭和62年1月) オりオノ和泉病院を520床に増床
1997年 (平成09年9月) オりオノ病院新築移転(130床)
1998年 (平成10年9月) 介護老人保健施設 オりオノケアーセンター(62床)開設
2000年 (平成12年4月) オりオノ和泉病院を高機能な一般病棟・療養型病棟に転換(340床)
2000年 (平成12年6月) 堺市南区庭代台に、オリオノクリニック(診療所)を開院
2000年 (平成12年9月) オりオノ病院を高機能な一般病棟・療養型病棟に転換(117床)
2005年 (平成17年5月) 和泉中央駅前に、いぶきの病院開院(全室個室160床)。オりオノ和泉病院は180床へ
2013年 (平成25年12月予定) 新いぶきの病院開院(オりオノ和泉病院180床移転)(合計340床)



 守田会ホームへ
 サイトマップへ